動画の知られざる真実

テレビからネットの動画へと時代は移った

ひと昔前なら動画と言えば、思い浮かぶのはテレビでした。

 

けれど今、動画と言えば皆さんが思い浮かべるのは,youTubeやニコニコ動画ではないでしょうか。

 

テレビを見ないという若者が増えています。けれどネットの動画は見ているようです。

 

いままでのテレビと,どこが違うのでしょうか?テレビはプロが作っています。プロが作ると面白いのかと言いますと、そうでもなくなっているようなのです。テレビを見ればわかりますが、もう何十年も画一化された映像を流し続けています。

 

それは、報酬を出す側、もらう側という、まさにプロの縛りがあるからです。スポンサーの意向、視聴率などを第一番に考えているテレビは、冒険が出来ず、無難になってしまっています。

 

では、ネットの動画はどうでしょうか? ネットは基本的に無報酬のため、作り手に縛りがなく、自由に動画を作るのです。そして、その自由さには意外なサプライズがあるのです。それはとても新鮮なものです。

 

素人には作為がありません。ただ、自分が面白いと思ったものを流すだけなのです。

 

それはとても重要な要素なのです。皆が観たいのは旬のサプライズなのです。

 

ネットの動画はまだまだ玉石混合ですが、それでもとんでもない可能性を秘めていると言えます。

 

テレビからネットの動画に時代が移ったようにもうひとつの事柄も移りました。
それはエロビデオ、エッチDVDなどから無料エロ動画へと時代は変遷していきました。

 

少し前であれば、当然ながらエロ動画無料を観るためにはDVDをレンタルしたり購入する必要がありました。しかし、最近はそんな面倒なことをしなくても、エロ動画を視聴することができます。視聴といっても数十秒で終わるようなサンプル動画ではありません。しっかりと内容も楽しめる充実のエロ動画を観ることができるのです。

 

おっぱい動画を観たいのであれば、ネットで検索してそういったサイトを探し出せばよいだけです。わざわざ、外出しレンタルショップで恥ずかしい思いをして、DVDを借りる必要なないのです。店員が女性だったら、エロDVDを借りるのに躊躇してしまったのは、誰もが経験済みなはずです。
そういった辱めを受けることなく、エロ動画を観れるネットの発達が嬉しい限りです。

 

 

 

 

投稿用動画の編集のコツ

動画共有サイトに動画を投稿する方が増えています。

 

スマートフォンを利用すれば撮影した動画を簡単にアップロードできますから、写真撮影と変わらない感覚で撮った動画を世界中に公開することができてしまいます。

 

せっかくアップロードするのですから、ひと手間かけてクオリティの高い動画を作成してみましょう。撮りっぱなしの動画よりも、見やすく編集した動画の方がアクセス数も大きく上がります。今回は、投稿用の動画編集のコツについて解説します。

 

撮影した動画を編集するには、まず最初に最も見せたい部分を選ぶところから始まります。

 

インターネットの動画サイトでは、あまり長い動画は再生回数が上がらない傾向にあります。暇つぶしにちょっと見るのにいいように、見せたい部分だけを短くまとめましょう。

 

音楽に合わせて画面を編集するのであれば、曲選びがポイントになります。好みの曲を選べばいいのですが、あまりにも動画のイメージとかけ離れた曲を選ぶと浮いてしまいます。動画を生かせるようなイメージに合った曲を選びましょう。

 

せっかく編集するのだからとテロップを多用する方がいますが、素人が付けるようなテロップは画面を邪魔するだけです。テロップを入れるのであれば、必要最低限に絞って入れてください。

 

ゴテゴテとデコレーションした動画は敬遠されてしまいます。すっきりと見やすくなる編集を目指してください。

 

アダルトライブチャットも自分で動画を投稿するのと同じような感じですよね。
カメラの前で自分の恥ずかしい姿を自動で撮影してもらっているのですから。編集することは不可能ですが、カメラの前でどれだけ綺麗な自分を演じることができるのかが勝負になってきます。
アダルトチャットで動画を楽しみたいと思っている人たちは、あくまでも動画を通して見る相手のことしか見えません。つまりは、カメラを通して、動画の中でどれだけエロを表現することができるのかということにかかってきます。

 

アダルトライブチャットに限らず動画の編集はとても神経を使い、重要なことです。手間を惜しまずにやることが何よりも大切です。

宣伝目的の無料動画を上手く活用する

最近、私は動画を観ることがとても多いです。それはどうしてかというと、動画配信サイトの無料コンテンツがとても充実しているからです。

 

たとえば、ドラマやアニメなどの映画作品を近日中に公開するとします。そうすると、そのドラマやアニメの今までの作品を、一挙配信や定期配信という形で無料配信してくれますので、観る側としてはとても助かります。

 

また、制作者サイドとしても、そうして無料動画を配信することにより、より多くの人がその作品を知るきっかけになりますので、結果的に公開する映画作品の収益につながったり、あるいは過去のDVDをはじめとした映像作品や、原作である小説の売り上げが伸びたりしますので、とても良い広告宣伝効果があります。

 

そうした動画は、パソコンはもちろんスマホやタブレット端末でも観ることができますので、たとえ無料配信であったとしても、多くの人がそれを目にしますから十分に利益を挙げることができます。

 

つまり、これは制作者サイドと利用者サイドの両方にメリットがあることですから、とても意味のあることだと私は思います。

 

ですから、これからも動画配信というのは、無料で観られるものがもっと増えてくると私は思います。 ですので、私としてはその無料配信される動画を上手く活用して観ていきたいと思っています。

 

アダルト動画でもそういった現象が今起こっているのをご存知でしょうか。
エッチな動画・hな動画無料〜オナニーtube〜は、無料でエロ動画を楽しめます。広告費からこのエッチ動画は成り立っているのです。ユーザーは無料でエッチ動画を思い存分楽しめる、運営者は広告費が集まり収益となるといった具合です。

 

このような仕組みの動画サイトはレズ動画・rezu動画無料〜女性向け〜でも存在しています。単純に男女のエッチな絡みが同性同士になったというだけのサイトですが、運営されている収益の仕組みは同じようなものです。

 

ユーザーと運営者の両者がウィンウィンの関係が保たれてこそ、サイトの運営が成り立っていることを忘れてはいけません。この仕組みがある限り、無料でエッチ動画やレズ動画などを楽しめるので、男性にとっては朗報としか言いようがありませんよね。

地方競馬の存在

私は中央競馬に毎週参戦するような、コアな競馬ファンです。競走馬が走っている動画を暇があれば、見るようにしています。

 

私は30代前半の男性ですが、競馬ゲームであるダビスタから競馬を知り、サラブレットたちの名勝負を動画で見るようになり、はまり続けてはや20年になります。

 

これだけ中央競馬をみていると、だんだんと中央競馬自体に「慣れ」てきてしまいます。

 

競馬の予想もオリジナリティがなくなり、ちょっとマンネリ化してきてしまうのです。

 

そんな時私は、地方競馬に参戦します。過去の地方競馬の動画を観ながら、地方での競馬予想を立てて戦略を練っています。

 

例えば私は関東在住ですので、大井・船橋・川崎・浦和といういわゆる南関競馬というものです。

 

地方競馬を観戦すると、中央とは違うクラス体系、知らない騎手、知らない調教師や一昔前に中央で見た血統の馬が走っていたりと、とても新鮮な気持ちになります。

 

そういった新鮮な気持ちはとても大事で、競馬を覚え始めた頃の高揚感を思い出させてくれるからです。

 

2013年3月から、南関東リーディングを独走していた地方騎手である戸崎圭太騎手が中央入りを果たしました。

 

こういった地方騎手の中央参入は賛否両論ありますが、私は競馬に与える大きな刺激として大いに賛成したいと思います。